千葉の屋根修理・雨漏り修理の職人直営店、山田工芸の会社概要

千葉での屋根修理・雨漏り修理は職人直営店へ 株式会社山田工芸
メールでの屋根修理・雨漏り修理のお問い合わせは24時間365日受付中
お電話でのお問い合わせ・ご相談は0800-111-3551
  1. ホーム
  2.  ≫ おすすめ屋根材

おすすめの屋根材

山田工芸は千葉県全域にて数多くの雨漏り修理や屋根修理に携わってきました。
屋根材にはさまざまな種類があり、日々新しい屋根材が開発されています。
このページでは、新素材を用いた高性能な屋根材「スーパーガルテクト」と、海外で高く評価され最近日本でも導入されはじめた「ディプロマット」と「エコグラーニ」をご紹介します。
近年では特に自然災害の増加により、耐震性と耐久性に優れた屋根材が注目されています。
山田工芸は、ご自宅の環境や、現在の屋根の状態、そしてご予算に基づいて最適な提案をいたします。
千葉県にて屋根のリフォームなどをご検討される際、適した屋根材についてお悩みの方、ぜひお気軽にお問い合わせください。

「ディプロマット」と「エコグラーニ」

世界70か国で認められた実績とあんしんの長期保証

「ディプロマット」と「エコグラーニ」はアメリカ・カリフォルニア産の輸入屋根材です。同地の株式会社ディートレーディングが開発した金属屋根材で、同社の「ディーズ ルーフィング」というシリーズに属します。
メンテナンスフリーの軽量な「ジンカリウム鋼板」を基材として表面にセラミックコートを施した、耐久性、耐震性、耐風性能、防火性能、防水性能に優れた非常に万能な屋根材です。日本では、自然石粒鋼板製屋根材とも呼ばれます。
日本ではまだ普及しているとはいえませんが、製造開始からすでに40年以上たち、欧米各国をはじめ厳寒の北欧や高温多湿の東南・南アジア、酷暑のアフリカ・南米・オセアニアなど様々な気候風土の70以上の国々において幅広く採用されてきた実績があります。さらにメーカーが30年の長期保証をつけており、品質への自信が伺えます。

ディーズ ルーフィングの構造

基材の「ジンカリウム鋼鈑」は、日本でよく流通している「ガルバリウム鋼鈑」とほぼ同じ素材です。どちらもアルミニウム(55%)・溶融亜鉛(43.4〜43.5%)・シリコン(1.5〜1.6%)で構成されており、名称の違いは商標登録の違いです。
日本で使用されるジンカリウム鋼鈑は表面が自然石粒でコーティングされたものがほとんどで、この表面の自然石粒により通常の金属素材に比べて様々なメリットがあります。
「ディーズ ルーフィング」も自然の石粒(グラナイト)を細かくしたものにセラミックコートを施したコーティングにより、塗り替えが不要で、色あせがなく、大きい雨音が鳴りにくく、日射で表面が高温になったりしづらいことなど多くのメリットがあげられます。
メンテナンスが不要で長期的に経済的な屋根材として人気があります。

『ジンカリウム鋼板』の材料構造

ディーズルーフィングの特徴

色褪せしにくく美しさ長持ち、再塗装は不要

ディプロマットとエコグラーニは自然石粒にセラミックコートを施しています。セラミックコートとは、日本でも古くから瓦や茶碗などに使用されている「釉薬」と呼ばれる着色方法と同じです。色を生成する色粉とガラスの素に高温の焼きの工程を施すことで色粉がガラスに封じ込められ、色粉の色彩を長期的に維持することができます。
陶器が色褪せないように、セラミックコートは色褪せの心配はほぼなく、また塗装も必要ありません。
そのため、スレート系の屋根のように7〜8年程度で塗り替えをする必要がなくその分のメンテナンスコストを浮かせることが可能です。輸入材のため初期費用はやや高めですが、1回目の塗り替えでトータルコストは逆転するため、長く住むほどお得な屋根材です。長期的にコストを安く抑えたい方に向いています。

ディーズルーフィングは塗装の必要がないためライフタイムコストが安くなります。

表層の自然石粒によって断熱・遮音性アップ

ディーズルーフィングは従来の金属屋根の弱点であった断熱性や遮熱性をカバーします。それは、表面をコーティングする自然石粒の層が鉄への熱伝導率を下げる効果があるためです。また8層の構造と、施工時に屋根材と屋根下地との間に十分な空気層を確保できるため他の屋根材よりも小屋裏へ熱を伝えづらい構造になっています。
また、通常の金属屋根の場合、雨があたると「共鳴」という小さな微振動でパタパタという音が出ます。しかしディーズルーフィングは、表面の石粒の凹凸が雨粒を細かく拡散させることによって共鳴を抑える効果があります。

表層の自然石粒の効果により厚さをやわらげ、雨音の音を軽減します

メーカーの30年保証

同じ組成のガルバリウム鋼板が保証20年程度といわれるのに対して、ディーズルーフィングはメーカーが以下の項目に30年の長期保証をつけています。
・基材鋼板の錆による雨もり
・基材石粒の極端な剥離(はがれ)
・基材石粒の極端な褪色(色あせ)

世界で信頼される様々な防災性

ディーズルーフィングは屋根材同士を一体化させる”インターロッキング工法”を採用しているため、60m/sの暴風にも耐えられる耐風性のほか、防火性・防水性にも優れています。
実際にアメリカでは2005年8月末にアメリカ南東部を襲ったハリケーン”カトリーナ”から、甚大な被害から守った実績があります。竜巻や強風のリスクのある地域において積極的に使用されているほどです。
他にもディーズルーフィングは国土交通省認定不燃番号も取得しており、1994年と2003年に発生したカルフォルニアの大火災でも家財を守った実績も報告されています。
加えて塩害にも強いという特徴もあります。これは表面をセラミックでコーティングすることで錆びを防止しているためです。
さらに雪が落ちにくいという特徴も備えています。表面の自然石粒の強い摩擦抵抗力と石粒自体が持っている"蓄熱"という特性により、雪止めがなくても雪が大きく滑雪する心配はほぼありません。そのため、冬場の雪処理の煩わしさや雪下ろしをする際の安全性に大きく貢献できます。

ディプロマットの特徴

「ディプロマット」は、直線的でシンプルなデザインが特徴です。シンプルながらも、表面の自然石粒が織りなす高いデザイン性が楽しめます。
カラーバリエーションはテラコッタ、カフェ、エバーグリーン、オニキスと明るめのものから落ち着いたものまで揃っており、色も単色ではなく濃淡のある石が混ぜられているため天然石のもつ微妙な色合いを楽しめます。シンプルさと幅広いカラーバリエーションで和洋を問わずどのような建築物にも合いやすくなっています。「ディプロマット」はそのシンプルな外観から外壁としても使用が可能です。
「ディプロマット」の重量は1㎡あたり6kgで、これは日本瓦の約1/7、一般のスレート屋根材と比較すると約1/3と非常に軽量です。通常、屋根はその素材の重量によって耐震性が大きく左右されます(もちろん柱や梁の経年劣化にも大きく影響されます)。屋根が軽いほど建物の重心位置も低くなり安定します。さらに屋根が軽ければ柱などの躯体の負荷も軽減できます。
ディプロマットは、デザイン性に優れていながらも、ディーズルーフィングの中で一番価格が安いのも魅力です。

  • ディプロマットロゴ
  • ディプロマット カラー「テラコッタ」
  • ディプロマット カラー「カフェ」
  • ディプロマット カラー「エバーグリーン」
  • ディプロマット カラー「オニキス」
ディプロマット、エコグラーニは日本瓦の約1/7、一般のスレート屋根材と比較すると約1/3と非常に軽量
ディプロマット メーカーサイトへ

エコグラーニの特徴

「エコグラーニ」は見た目の表面が凸凹状になっているのが大きな特徴です。
カラーバリエーションはツイードグレー、カフェ、エバーグリーン、オニキスの4色が用意されており、この中でもシックで上品な印象のオニキスは、どんな建物にもマッチしやすいため特に人気があります。
エコグラーニはディプロマットよりもさらに軽く、1㎡あたりの重量が5.8kgとなっています。
加えて価格帯はディプロマットと同等なため、近年導入される方が増えている人気の屋根材です。

  • エコグラーニロゴ
  • エコグラーニ カラー「ツイードグレー」
  • エコグラーニ カラー「カフェ」
  • エコグラーニ カラー「エバーグリーン」
  • エコグラーニ カラー「オニキス」
エコグラーニ メーカーサイトへ

スーパーガルテクト

ガルバリウム鋼鈑をさらに強化した新しい屋根材

国内の金属建材トップメーカー・アイジー工業の製品です。「スーパーガルテクト」は新日鉄住金(現日本製鉄)の新しい屋根材・エスジーエル(SGL)鋼鈑を採用しています。SGL鋼鈑は、従来のガルバリウム鋼板(鉄にアルミニウム・亜鉛合金のめっきを施した合金)に、マグネシウムの防錆性をプラスしたことでガルバリウム鋼板の3倍の耐食性を実現した次世代ガルバリウム鋼鈑です。
以前は、海岸線から5km以内の範囲は保証の保証外でしたが、スーパーガルテクトでは500m以内に大幅に拡大されました。沿岸部にお住まいの方でも安心してご利用いただけます。

『スーパーガルテクト』の材料構造図解

スーパーガルテクトの種類と保証

スーパーガルテクトには以下の二つのモデルがあり、それぞれ塗装の種類と保証が異なります。

スーパーガルテクト フッ素:遮熱性フッ素樹脂塗装、穴あき保証25年、変褪色保証20年、赤さび保証20年
スーパーガルテクト:遮熱性ポリエステル樹脂塗装、穴あき保証25年、変褪色保証15年、赤さび保証20年
スーパーガルテクトフッ素は超高耐久のガルバの上に遮熱性のフッ素コーティングをしているもので、通常のポリエステル樹脂塗装よりも塗膜の質が高く、耐候性が高い(色あせにくい)のが特徴です。カラーバリエーションはブラックとブラウンの二種類があります。
通常のスーパーガルテクトは質感が良いのが特徴で、カラーバリエーションはシェイドブラック、やシェイドグリーンなど現在6種類から選ぶことができます。さらに表面は特殊なちぢみ塗装(結晶塗装)で高級感あふれる質感を実現しています。

『スーパーガルテクト』のカラーバリエーション

スーパーガルテクトの特徴

抜群の耐震性と耐火性

スーパーガルテクトは1㎡あたり5.0kgと超軽量。建物にかかる負担を軽減することができます。これは日本瓦の約1/10、スレート屋根に比べて約1/4の重さです。耐震対策として、既存屋根を撤去しないカバー工法の際にスーパーガルテクトを選ばれる方も大変多いです。
金属なのにどうしてそんなに軽いのかと疑問に思われる方もいるかもしれませんが、スーパーガルテクトは厚さ16mmと大変薄い屋根のため重量を軽くすることが可能になっています。屋根材が軽いと当然屋根の重量が軽くなり、地震時の建物の振動や負荷を減らすことができます。
さらにしん材に使用されている「ポリイソシアヌレートフォーム」という断熱材は、燃焼時に表面が炭化して燃焼の拡大を防止する自己消火性を備えているため、燃えにくいという性質があり、一般的な硬質ウレタンフォームに比べて、難燃性に優れています。さらに飛び火性能認定も取得しているため万が一の火事の際の安全性も考慮されています。

『スーパーガルテクト』の重さはスレート屋根の約1/4、和瓦の約1/10になります

断熱材一体構造による高い断熱性と耐風性を実現

金属屋根は熱伝導率が高く、屋根材の中で表面が一番熱くなります。また金属屋根自体が薄いため、表面温度がすぐ裏に伝わり、結果として室内温度が上がってしまうという弱点がありました。スーパーガルテクトはポリイソシアヌレートフォームという断熱材が芯材として用いられた断熱材一体型の製品です。断熱材が施されていない他の金属屋根素材と比較すると、約4倍以上もの断熱性能を持つと言われています。
さらに表面には「スーパーガルテクト」は遮熱性ポリエステル樹脂塗装、「スーパーガルテクト フッ素」は遮熱性フッ素樹脂塗装という遮熱効果を持った塗装が施されています。太陽光には熱エネルギーに変換されやすい赤外線が50%含まれていますが、遮熱性塗装は、赤外線の反射特性が大きい着色顔料を使用することで、日射による鋼板温度の上昇を抑制しています。通常の化粧スレート屋根材に比べると、その温度差は約マイナス10度です。
さらにスーパーガルテクトは横のジョイント部分に排水機構とリブ付き折り返しが付いているため、内部への雨水の侵入を防ぐことができ、雨漏りを起こしにくい屋根材という特徴もあります。
また、スーパーガルテクトは嵌合部という屋根を施工する際に屋根材同士をつなぎ合わせて固定する部分まで断熱材が充填されている独自構造によって、建物内部への熱の侵入を防ぎます。
この遮熱と断熱のダブル効果で夏は涼しく、冬は暖かい快適な住環境をサポートする優れた屋根材といえます。

  スーパーガルテクトは屋根が高温になるのを抑えて、室内への熱の侵入を防ぎます 篏合式まで断熱材が充填されているので鋼鈑と野地板が接触せず、熱が伝わりにくくなります。独自の成型技術と高い断熱性能で屋根裏への熱の侵入を防ぎます。

マグネシウムを添加したメッキ層が鉄を錆びから保護

スーパーガルテクトは、表面のめっき層にマグネシウムを添加することで防錆性を高めた「超高耐久性アルミ亜鉛めっき」を採用。
これにより金属でありながらさびにくい屋根材となっています。
めっき成分が錆を防ぐ仕組みは、「犠牲防食」と「不動態皮膜」によって成り立っています。
「犠牲防食」とは、鉄を主成分とする錆に弱い鋼板を、鉄よりもさらにイオン化傾向の高い、錆びやすい金属で被膜することにより、表面に傷がついたとき鉄よりも先に溶けだして表面を覆うことで、文字通り「犠牲」となって鋼板の錆を遅らせる機能です。
「不動態皮膜」とは、非常に安定した酸化膜のことで、酸などに晒されても溶け出すことがなく、その下の金属を腐食から守る作用があります。
この亜鉛の持つ「犠牲防食」とアルミの「不動態皮膜」を合わせたハイブリッド式がガルバリウム鋼鈑の亜鉛めっきです。「超高耐久ガルバ」ではこの亜鉛めっき層にマグネシウムを混ぜて共存させることでさらに水に溶けにくい保護被膜を形成しています。それにより錆びを防ぐシステムがより長期間作用して内部の鉄の腐食を防ぎます。

メッキ層にマグネシウムを添加した最新の技術で耐久性を強化
スーパーガルテクト メーカーサイトへ

山田工芸ではお客様のご要望やご自宅の状況に合わせて最適な屋根材をおすすめしております。千葉県にお住まいの方でご自宅に最適な屋根材がわからないなど何か屋根に関してお悩みのことがあれば、お気軽に山田工芸までご相談ください。

屋根修理・雨漏り修理のお見積もり無料!お気軽にお問い合わせください!

お電話での屋根修理・雨漏り修理のご相談・お問い合わせは0800-111-3551

埼玉県で屋根修理・雨漏り修理をご検討中の方は、ぜひ山田工芸にご用命ください。
作業中で電話に出れない場合もございますので、その際はメッセージをお残しください。
伝言を確認次第、折返しご連絡させて頂きます。

メールでの屋根修理・雨漏り修理のお問い合わせは24時間受付中

下記のメールフォームページに必要事項をご記入の上、送信ください。
内容を確認させて頂き、2営業日以内にご連絡させて頂きます。
ご相談・ご質問だけでも構いません、まずはお気軽にお問い合わせください。


©  株式会社 山田工芸 All Rights Reserved.